お金の裏技>出産・育児でもらえる金額を把握していますか?

出産は病気ではないので健康保険は使えません。
しかし、公的保険に加入していれは出産一時金が
支給されることは誰もがご存じないハズ。
しかし、その他の公的補助については
あまり知られていないようです。

そのひとつに産休中のお給料の代りとして、
その間の生活を支える目的で支給される
「出産手当金」があります。
勤め先の健康保険に加入しており、
産後も加入し続けるのであれば、
どんな雇用形態でも受け取ることができます。
ただし、国民健康保険加入者、退職して6ヶ月以内に出産
された方は対象外となります。

また自治体によって回数は異なりますが、妊婦健診費が
14回程度まで無料になるサポートも受けられます。
さらには勤め先の健保加入者が、切迫流産などの妊娠中の異常で、
入院や自宅療養しても、傷病手当金がもらえます。
その他、育児休業中の生活を支える「育児休業給付金」、
育児休業等期間中の保険料免除など、さまざまな
公的機関のサポート制度がありますので、
出産を予定されている方は早めの確認を。

お金の裏技

トップページ
贅沢をしなければなんとかなるは非常識!
最初に貯まらない原因を見つけよう
最初の貯蓄は年収を目標額に始める。
気になる年代別の平均貯蓄額って?
老後の心配より数年先の設計を!
時間や手間のかかる節約はムダな努力です。
マイホームや車は「資産」ではありません!
やりすぎは逆効果。口座は少なめが常識!
細かいところを見直せば、意外な節約に。
公的年金もまとめて払えば安くなります。
家計簿を細かく付けるのは時間の無駄です。
ボーナス払いは今すぐやめましょう。
ネットショッピングをやめましょう。
買い物するなら「ひとつのジャンルでひとつだけ」」を応用!
妻のパート収入を抑えるより、増やしましょう!
手取り額だけのチェックでは危険です!
ホントに必要ですか?特売やセールの誘惑に気をつけよう。
週末ドライバーにはカーシェアリングのススメ!
ポイントは何のため?クレジットカードより現金払い!
流行りの小銭貯金は本末転倒です!
たくさん持つほど不利になるクレジットカード
お金を貯めるには遠くと近くの目標を。
余分なお金は口座に残さない習慣を。
自分にとっての優先順位をつけましょう。
本当に投資ですか?金融機関を疑おう。
出産・育児でもらえる金額を把握していますか?
「郵便局なら安心」は、もはや神話です。
お金を降ろすのは毎月一回に固定化する。
返済を考えるなら奨学金や教育ローンは避けましょう。
何かあった時が大変!夫名義の口座に要注意!
公的保険をうまく利用して健康診断を受けましょう。
気づいてますか?「無料」には「無料」の意味がある。
円高の今こそ「外貨貯金」のカラクリを見抜こう!
「住宅ローン」は返せる金額から逆算。?
繰上げ返済をうまく使うコツを知りましょう!
一見便利な「リボ払い」。そのワナにはまってはいませんか?
車を買うならキャッシュで!が鉄則。?
生命保険、いらないものまで入ってませんか?
元本割れの危険!貯蓄型保険には注意が必要です。
医療保険を増やすのはまったくの無駄です。
「公的年金」は高齢になってから役立つはマチガイ。
「60歳でリタイヤ」はもはや常識はずれ。
退職金を住宅ローンの完済に充ててはいけません。
もらい損ねのないよう年金を見直そう。
50代からはリスクを回避。「減らさず殖やす」運用を!
シングル女性の老後資金はいくら必要か?
親からの資金援助を受けた場合の相続税は?
公的年金受給資格期間に満たない場合どうしたら?
60歳以降も働いた場合、年金はもらえるの?
海外在住ですが、出産一時金は受給できる?

その他

リンク募集中